照屋林賢プロフィール

Rinken.jpg
本名:照屋林賢(てるや りんけん)
ミュージシャン
株式会社アジマァ代表取締役社長
1949年10月5日沖縄県コザ市(現.沖縄市)生まれ。

祖父・林山と父・林助は共に沖縄を代表する音楽家。実家は三線・レコード店という音楽に囲まれた環境に育つ。
高校卒業後の1967年、西洋の音楽理論を勉強するために上京。1977年りんけんバンド結成。1990年 CD「ありがとう」で全国デビュー。1993年、日本レコード大賞「特別賞」受賞。が沖縄固有のリズムと言葉にこだわりながらも、様々な音楽のエッセンスを積極的に取り入れ、りんけんサウンドの創造を続けている。りんけんバンド以外にも、他アーティストのプロデュースを始め、映画「ティンク・ティンク」(1994年)の監督や、教育出版中学二年国語教科書に自作詞・曲の「春でぇむん」が採用される等、多方面で活動中。1999年には、自らのレーベル「アジマァレコード」「りんけんレコード」を本格的にスタート。I T・マルチメディア交流のための組織「North Valley Okinawa」(NVO)を設立。近年は、自ら運営する「アジマァ」(沖縄方言で”交わるところ”の意)で、音楽を通した人材育成をテーマとして、幼児からの音楽教育にも注力している。

映画/『ティンクティンク』監督
   『沖縄語(うちなーぐち)』監督
主な著書/『なんくるぐらし』(筑摩書房)
     『沖縄のいまガイドブック』(岩波ジュニア新書)
     『うちなー ぬ たからむん』(教材研究所)
     『林賢の格言集(林格)』(アジマァ社)
     『RinkenBlue』(ステレオサウンド)
執筆/  『これからどうなる21』(岩波書店)
写真提供/『美楽Biraku』(株式会社夕焼け創造研究所)
     『Okinawa』(iTunes APP)
     『Peaching』Peach Aviation 月刊誌

     大阪・「琉球フェスティバル2012」出演
     広島・順勝寺 上原知子Special Live


fb.jpgTwitter_logo_blue.png